中学受験で塾の先生や家庭教師は、きめ細かく丁寧な姿勢で生徒に接している。
中学受験には塾や家庭教師に頼る必要性がある

子供の適正に合わせた中学受験の塾選び

中学受験の塾に通わせ始めるタイミングとして、3年生が始まる季節、または4年生が始まる季節、というのが定番になりつつあります。こうした中で子供に塾選びをさせるのは酷なところがあります。まずは親が主導権をもって、塾選びを行うべきでしょう。

そんななかでできる限り、子供にあった塾選びをすることが最終的な中学受験の成功への近道になります。大手から個人経営までいろいろな塾がありますが、まずは近隣の口コミなどは非常に重要でしょう。
大手に関しては実績などもわかりやすいのですが、地元で経営されている個人塾となれば、近隣の口コミに頼らざるを得ません。

あとは子供の適性とのマッチを考えることです。大手の中でもとにかく競争を重要視して、クラス替えを頻繁に行うところもあったり、クラス替えに関しても日々の小テストや宿題の内容によって変更されるような環境という場合もあります。また、最大手ではなくとも、地元の市立中学の受験には定評のある指導実績がある場合もあります。これらを総合的にとらえて、子供が嫌がらずに通える塾選びをすることが一番のポイントになってくるでしょう。

もし、塾が合わないようなことがあっても、早めの軌道修正をすることも大切です。

ページの先頭へ戻る