中学受験で塾の先生や家庭教師は、きめ細かく丁寧な姿勢で生徒に接している。
中学受験には塾や家庭教師に頼る必要性がある

中学受験にむけての自主的な塾通い

中学受験に成功するためには、自主的な学習姿勢が大前提となります。親に言われるままに受験を決意し、塾に通い、親の表情を見ながら一喜一憂しているのでは、心から喜べるような結果は得られないでしょう。独学で合格すれば本人のストレス、金銭面などにおいて負担は少ないと思います。

しかし、塾に通ってこそ得られる情報ほど貴重なものはないです。まずは、各受験校に合わせた対策問題を知ることができます。
中学受験ほど各学校の傾向がはっきりとしているものはありません。その情報を個人で集めるのは大変難しいでしょう。

そして、塾のスタッフはその道のプロです。あらゆる方面から整理された情報を持っています。そして、生徒がどのレベルにいるのかを把握することも出来ます。学校では上位にいたとしても、受験を争う集団の中では今一歩、というのはよく聞かれる話です。井の中の蛙にならないことが大切です。

では、塾は早い段階から通った方が良いのかのいうと、それは一概には言えません。ある程度の学力があるのであれば、最終学年の手前に塾での対策を始めても十分に間に合います。自主的に学習する姿勢が身についている、学校のテストで満点を取るくらいの学力があることが条件にもなるかもしれません。とにかく「自主的に勉強をして楽しむ」これが受験突破するためのキーワードです。

ページの先頭へ戻る